Friendly Daily

モノクロームの生活を、彼女が彩った

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ε=(ノ゚ー゚)ノタダイマ

ちゃヾ(゜▽゜*)


そうですくーちゃは今日帰還いたしました


結構疲れました、プラス眠い


でもすっげー楽しかったですbb


携帯では細部までの報告が出来なかったので30日から31日にかけて

の話をたっぷりさせていただきます^^


すっっごい長いですホントに興味ある人だけ読んでくださいw


途中でやめたりナシね^^


色つけたり、大きさ変えんのも一苦労



とりあえず携帯更新の続きからお話させていただきます。



まぁ暴走を読み終わった俺はロッジにて寝転んでたわけですよ。


内容もすごく面白かったし、続きが楽しみでもありました。


すると友達がロッジに戻ってきて、何人か連れてきたので

トランプやらカードゲーム結構盛り上がってました


特にトランプを用いての「大富豪」にてはさぞうるさかったことでしょうw


カードゲームにも飽きたところでロッジから出ました。


キャンプ場の空いてる場所にて様々なスポーツを楽しみましたw



そうして友人と戯れているうちに日も暮れて夕食の準備にとりかかる。


夕食はちょっと話した通りバーベキューだったんだよbb


すごいお腹いっぱいになるまで食べましたw



夕食もさることながら残るはフリータイムとなったこの時間


元3-1は暴走を開始する



時は12時、毛布や寝袋を用意した各ロッジに仲間が集まる。


俺のランタンを頼りにトランプが始まった。



時間を遡ること11時ごろだんあんの親父さんトークをしていた。



ワシは高校のときラグビーをやっとったんや!



この凄まじいオーラを放つだんあんの親父さんですが


見た目以上に心優しいいい親父さんだなと思ってました


あんまし聞いたことのないだんあんの話などが聞けて

結構レアな経験したんじゃないかなとか思いましたw


トークの最後に親父さんはこう言って俺たちと別れた。



「別に寝んでもええけど、火の元の管理はしっかりとな。」



ランタンはもちろんレンタルできたわけなのだが


ものっすごい高熱を帯びているため、万が一コカしてしまった場合


ロッジごと俺らは焼死体となって発見されるとの事。


どのくらい高熱なのかというのは後々説明します。


その話を聞いて少し不安になったので


「あ、俺明かり持ってきてます。」


の言葉で恐怖の高熱ランタンの使用を控えた



一回全員で6番ロッジに集まって


怪談話やらいろいろをしていた時のこと、俺はふいに


ランタン上部分人差し指で触れてしまったのだ


するとどうだ?


ジュッ という効果音と共に俺の指に激痛を伴う


とっさに手を引っ込めるもののそれは人間の反射という動作であって


指の傷はもはや手遅れ


何というか、理科の実験硫酸をこぼしてしまって


指につけてしまったときのような、何ともいえないヌルヌルな状態。


諮問が溶けた、というのが簡単な表現技法だと思います。



そんな恐怖の話プラス恐怖の体験をした俺はロッジ仲間と共に

部屋に戻り、先述のトランプの時間に至る



1時ほどまでトランプをやっていただろうか。


一人の友達のもとに一本の電話が入ったレッドからだ。


どうやら阪神VS広島の開幕戦が終わって、今から行けると。


もちろん誰も拒まない、だんあんが迎えにいってる間

俺たちはひっそりと過ごしていた。



そしてレッド登場後、新メンツは寝る気を見せず大いに盛り上がった


途中で一人がダウン、二人がダウン、一人が転寝と

耐え切れない眠気に敗北した仲間達が次々と倒れていく


俺たちはあまりにヒマだったので女子と連絡を取ってみた


大抵こういうことをするのはそのロッジ内ではなのだ。


どうやら女子も寝ていない、とのことが分かった。


しかし、用紙にも書いていた通り


夜間、男女間のロッジの行き来は禁止します


とのことなので、外で話したりしていました(寒っ


どうして禁止するのかを俺に聞かないで^^;



その話も終わったところで俺たちは再びロッジへと帰還する。


ちょうどそのころ俺にも眠気が訪れていた



そして俺はいつの間にか、熟睡という名の行動をとっていた。



目を開けるとだった。


だんあんの怒鳴り声と共に、最後まで寝ていた俺とレッドが目を覚ます。


起こされる前に委員長を見た記憶もあったがよく覚えていない。


きっと無意識で動いていた、それよりも


朝食の時間だ。


意識もままならないまま俺たちは準備場へと向かった。


朝食は味噌汁とごはんだった。この和食に感動を覚えながらも

たいらげ、再びフリータイムとなる。


このあとは一日目と同じように、スポーツをやったり

カードゲームをやったりで普通以上に盛り上がっていた。


俺はこれで、これはこれで楽しいなと思っていた


こんな感情ギタフリにハマった瞬間以来の感動だ



そんなこんなであっという間に昼食の時間がやってきた。


昼食はホットドック。ツナ、卵、ウィンナーの3連コンボ相性のよさ

少々の目眩を覚え、その後のビンゴゲームに参加した俺だった


俺は5番目くらいにビンゴし、スヌーピーのプリント入れのようなもの

頂いた。ビンゴしたことに感動を覚えたw



そしてその後、帰宅の用意をしていた。


毛布を片付け、マットを片付け、部屋はすっかり元来た状態に戻った


その後も集合時間ギリギリまで遊んでいたのは言うまでもなかろうw



帰りのバス、俺は疲れていたのか、知らぬ間に眠りに落ちていた



山下駅に到着。あっという間だった。


バスに揺られていたのは5分くらいの感じだった


そこにて解散元3-1のキャンプは終了の鐘を鳴らした



続きはコメ返しっ!



レッド>


お前も俺と似たような状態になってるやないかww



だんあん>


それ以前にあれはスクラッチとキーのそれぞれ便利なところ不便なところが

キレイに一致してないから使いにくいんだと思うよw



レジェ>


最近ハマっちゃって、止まんないんだよww

先に失礼するぜっ!(うるせ

やっぱり、ハルヒが人気なのかなぁww


スポンサーサイト
  1. 2007/03/31(土) 20:11:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドンドンドン | ホーム | キャンプ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://steel16.blog92.fc2.com/tb.php/67-665581ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くーちゃ

Author:くーちゃ
名前:鋼駈
LV:72(6月14日現在)
職:弓使い(レンジャー)
サブ:殿駈
LV:57(6月14日現在)
職:盗賊(シーフ)


・人は見かけによらない
・気軽に絡んでみよう
・話してみないと分からない
・そんな風変わりな俺


誕生日:6/20 双子座
血液型:AB型
趣味:音楽鑑賞 弓道
特徴:俺>A型な几帳面さ
住まい:兵庫
特技:毎日更新 皮肉
愛読書:Light novel
好きな歌手:UVERworld
Acid Black Cherry
(Janne Da Arc)
Perfume
Mr.Children
My Chemical Romance
BUMP OF CHICKEN
Every Little Thing

俺思考
自分が滅茶苦茶好くものαに対して
それを滅茶苦茶嫌う他者がいて当然です。
個性です。
自分が滅茶苦茶嫌うものαに対して
それを滅茶苦茶好く他者がいて当然です。
個性です。
なので俺は何事に対しても
それを好く人というのは存在することを意識し
頭ごなしに否定しないようにしています。
他者の趣味を受け入れられる
器の大きい人間になりたいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2無料カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。